一騎打ち解説

一騎打ちについて

パーティバトルとは別に、「一騎打ち」が発生します。
勝敗は無関係のイベントの場合もあれば、負けるとゲームオーバーになる場合もあります。大抵後者です。

「必殺」「攻撃」「防御」と3つのコマンドを入力して戦います。
必殺は○、攻撃は□、防御は△のボタンを押すことで発動できます。
ボタンは相手が喋っている間、または喋り終わってか3秒以内に入力します。
行動は三すくみの関係になっていて、それぞれが得手な相手、不得手な相手が存在します。

具体的には、
必殺<防御
防御<攻撃
攻撃<必殺
というようになります。

対戦する相手のみ一定条件下で「超必殺」を出してくるのにも注意。三すくみの関係は変わりません。
このことから、相手が必殺を出してくる場合は防御で反撃、相手が防御している場合は攻撃、相手が攻撃してくる場合は必殺で攻撃を無効化、という要領で戦います。

これ以外の行動の場合は下記のようになります。それぞれにモーションも用意されています。最終的に勝てば問題ないので、色々な行動をしてみるのもいいでしょう。

・攻撃に対して攻撃(どちらも攻撃し、通常のダメージとなる)
・防御に対して防御(どちらも防御し、牽制し合う)
・必殺に対して必殺(どちらも必殺技を出し、必殺技分のダメージとなる)
・攻撃に対して防御、または防御に対して攻撃(物理攻撃のダメージが軽減される)
・必殺に対して防御、または防御に対して必殺(防御した方が必殺技を無効化し、攻撃する)

相手がどのような行動に出るかは、セリフである程度予測できるので、それに合わせてこちらの行動を決めましょう。
「死ね!」「決着をつける」「これはどうだ」「この攻撃を受けてみろ」など、強気なセリフの時は「必殺」、「様子を見るか」や「・・・・・」など無言の時は防御、それ以外の時は「攻撃」という行動を取るパターンが多いです。