108星のその後

キャラクター名 その後
主人公 戦いを救った英雄の自覚があるのかないのか、○○団を率いて東に西に飛び回っている。
アーニャ いったんは作家を志すが、人と話さなければ調子が出ないと自覚。
今もウワサ話に花を咲かせている。
アスアド サルサビルには戻らず、クロデキルドによって新設された王室魔道兵団の初代講師を務めた。
アマラリク 勝利の後も猛特訓を重ね、数年の後には兄弟そろってアストラシア王室騎士になる。
イクス 北国にも美しいお嬢さんがたくさんいそうだと口走り、旅立った。
北辰皇国に向かったもよう。
インドリク ヴァズロフがサイナスに移った後、彼に代わってルギエニクを守護する勇者となる。
ヴァズロフ 再建途上のサイナスの防衛を担当。特定勢力の過剰な介入を防ぎ多種族が共存する都市とした。
ウラガン 精霊の柱の前でペッカルスを食すという念願を叶えた後、再びイクスを追って旅立った。
エウスミール その後もメギオンに連れ添う。
サーヴィラに張り合うように、彼女もメギオンの子を産んだ。
エヌムクラウ 残存する無形の夜魔を掃討中。
最後の一体まで狩り尽くした時彼がどうするのか誰も知らない。
エリン ○○城の宿泊所は彼女のおかげでいつも心地よく安らげる場であった。
オータ 戦いよりも動物の世話の方が自分を活かせると悟り、マルシナ平原に大牧場を作った。
オルドヴィーク 最後の戦いの後、彼の姿を見た者はないが、祖神の祭壇では時おり何者かの声が聞こえるという。
ガシュガル 協会に騙され一族の道を誤った己に長の資格はないと引退を決意するも後継者が決まらず、しばし留任。
ガドベルク ○○城で仕事を続行。
他の職人も集うこの場所では新たな技術に挑戦する意欲が湧くらしい。
キミヤ 連合王国に渡って本場の銃の技術を学んだがもの足りず、別の技術を求めてさらに東へ向かったという。
キラルド 兄と共にアストラシア王室騎士に。
なお、彼等の剣の師を務めたのはフレデグンドであった。
ギリアム 本人は固辞したが街の人々の頼みを断りきれず、グレイリッジの町長に就任。再建の陣頭指揮を執る。
クロデキルド 民衆の絶大なる支持と期待を受けアストラシア王国初の女王に即位。王国とサイナスの復興に尽くした。
グントラム アストラシア王国の宰相となる。
その調整力で新女王の政策を次々と実現させ、王国再生に貢献した。
ゲシュッツ ヴェルファー機関は解体されたが彼はライテルシルト正規軍銃兵隊の指揮官に抜擢された。
ケフレン サイナスで復興事業に携わる。過去にこだわらない前向きさで人々に元気を与えた。
コウ・ロー ソタの申し出を受けスクライブの記憶を知識として残す計画に参加した。
ゴルヌイ ガドベルクらに刺激を受けたらしく○○城に留まり新作を次々を世に送り出した。
サーヴィラ ダイアルフ第一の側近として常に王に付き従う。
後に王の子も産んだ。
ザイン 研究対象としてバルザムにいじり回されているものの、別にイヤではないらしい。
ザフラー これほど多くの種族を見られるのは○○団だけ、と戦後も専属医師の座に居座り続けた。
ジーヴィッカ オルドヴィークが姿を消した後も彼を祖神と信じ、祭壇の警護を続けている。
ジェイル 母と共に○○団の主力要員として活躍。
(主人公)を助けた。
シスカ ○○団のお母さん役。
ラジムは嫁ぎ先を心配しているが、本人はまったく気にする気配なし。
シャバック ロノマクア首長府で働かないかとヒナに誘われるが、海賊団に残る。しかしその後も交流は続いた。
シャムス サルサビル国王として手腕を発揮。連合王国を始めとする諸外国との貿易を促進し国を発展させた。
スヴェン サイナスで人もうらやむ新婚生活。
苦手な料理にも果敢に挑戦、すぐに夫を感激させるほどの腕前に。
スフィール 各地の酒場にフラリと現れては雪で冷やした飲み物を提供し喜ばれているらしい。
ゼノア 真正なる一書と共に姿を消す。後に北辰皇国に現れたとの噂が流れるが、真相は定かではない。
セミアス 新生サイナスで賭博場を開設。
決まっていない未来の素晴らしさを教えると称し人気を呼んだ。
セレン ○○団に在籍。
息子の成長を見守りながらも同じ戦士として張り合っている。
ソタ コウ・ローの全面協力を得て、スクライブの記憶を知識として残すため老骨にムチ打つ日々。
ソフィア 真正なる一書の印を使いマナリルに協力、研究の推進に貢献する。
個人的にも無二の親友となった。
ソロウ 戦後すぐ、サイナスでスヴェンとの結婚式を挙げる。失意の人々にとり新たな希望の象徴と言えた。
タージ サルサビルの近衛隊長に任命され、シャムス王の身辺警護に務める。
また、良き相談相手でもあった。
ダイアルフ 戦いの後、一族の繁栄と他種族との交流にも力を尽くし偉大な王としてロアの歴史に名を残した。
チェイン 修行と称して大陸のあちこちに現れ大物の怪物や無法者の集団を相手に暴れ回った。
チハヤ いずこの地においてもヨミが舞う時には変わらず笛を奏でるチハヤの姿があった。
ツァウベルン 祖国に帰還した後の消息は不明。
しかし後に連合王国に渡った使者は六大公家の総会で彼を見たという。
ツフルル 母のお墨付きをもらい、独り立ち。
数年後には、大陸の南半分では名の知れた大商人となる。
ディアドラ 果てなき道程の書を駆使し各地の復興を支持したが、いつの間にか姿を消していた。
ティグール ダイアルフの名代としてサイナスに赴き、フューリーロアと他種族との相互理解に意を尽くした。
ドガ 山男の血が甦り、スヴァトゴル山を始め多くの険しい山に登る。
ドロモン ロノマクアに戻り海賊稼業を再開。ヒナに協力し悪い海賊や悪徳商人を成敗することもあったようだ。
トンガチヒ しるべの塔に窓を作るという野望はかなえられなかったが、サイナスの復興で思う存分窓を作り大満足。
ナキル サルサビル王国の外交官に転職。軽く見られがちな性格を逆に活かし懐に入り込む交渉を得意とした。
ナズ ドガの登山旅行に同行。
師の山歩きの技術を余すところなく学び、一人前の山男となった。
ナムナ 海神ニヌルネダの神官長として生涯ナイネニスの神殿とネイラを守り続けた。
ニクティス メギオンとエウスミールに同行。ふたりの子供のおもりを嬉々として引き受けたという。
ニムニ 神事に専念すると宣言したネイラに頼まれ、ポーパスの指導者に。
向いていないと言いつつ奮闘中。
ヌザート 帝国魔道の真髄を後世に残すべく改めてムバルに己が秘術の全てを叩き込もうとしている。
ヌムヌ なぜかドロモン海賊団に参加しロノマクアの海で大暴れ。
フェレッカは大喜び。
ネイラ 巫女は海神を崇め青き流転の書を奉することに専念すべしと宣言。指導者の立場からは身を引く。
ネムネ ナイネニスに帰ったものの、よく○○城に遊びに来てはシスカと一緒に歌っている。
ノーヴァ ○○団の一員として活動を続けるが、その真意は常にソフィアを見守ることにあった。
ノフレト 怪物が現れなくなったラロヘンガで発掘を始めるも、出土品の大半はバルザム以外買い手がつかない。
ノムノ ある時は○○城で、ある時はナイネニスで寝ている。が、移動中の彼を見た者はいない。
ハウ・シー 樹海から出ることを拒む者たちを粘り強く説得し、サイナス移住に同意させたのは彼であった。
ハフィン アスアドを追ってアストラシアへ。王室魔道兵団に加わり、その後もアスアドを上司と仰いだ。
バルザム ▼ノフレトが仲間になっている場合▼
ノフレトがラロヘンガで発掘した出土品を調べ、かつての師の技術を我が物にしようと張りきっている。

▼ノフレトが仲間になっていない場合▼
ザインを良好な状態に保つためと称し、細部にいたるまで徹底的に研究し続けている。
ヒナ ロノマクア首長府に入り父を補佐。大陸との交流をはじめ多くの施策を打ち出し、影の宰相とも呼ばれた。
ビュクセ 六大公家筆頭ハルニッシュ家に引き抜かれ警備隊長に任命される。当主に気に入られたらしいが…
フェレッカ ドロモン海賊団の敵たちは彼女の剣技を恐れ、対抗策として愛らしいぬいぐるみを常備したという。
フレデグンド かつて民を裏切った罪を償うため無冠無位を貫き、ただ妹としてひたすら姉を支え続けた。
ベレムエル エヌムクラウを追っているようだがその目的は不明。
ボッシュ 後に5児を授かり、妻子ともども人類未踏の地を求めて旅する大冒険家族として有名になる。
ホツバ 行商人なのか○○団の連絡係なのかよくわからない状態。しかし本人は楽しんでいるらしい。
マナリル ○○団に残り母の跡を継ぐかのように書と魔道を研究。多くの成果をあげた。
マリカ ○○団のご意見番。
暴走しがちな団長の手綱を握るも振り切られることもしばしば。
ミーネ 苛烈なる象徴の書を携え帰国。実戦部隊を離れて開発犯に移籍し、画期的な新型銃を作り出した。
ミズラック サルサビル王国の正規軍に参加。順調に昇進を続け、ついには大将軍の地位に至ったという。
ミュン・ツァン 許しを得てイレズミの色を元に戻した後、ルオ・タウと共に若き族長リウに仕えた。
メイベル ○○団所属のまま。
その後も団長私室に忍び込んではジェイルにつまみ出されている。
メギオン 勝手気ままな旅暮らしをしているがたまに手土産を持ってダイアルフや(主人公)に会いに来る。
ムールゲント 一なる王との決戦の後、北辰皇国に向かったとされるが、確かな記録は残されていない。
ムーロ ヤディマに見込まれ彼の後継者に。
その怪力で荒地や草原をどんどん開拓し畑に変えていった。
ムバル 師から帝国魔道の全てを継承すべく学び続け、さらにマナリルの研究を補佐して新たな魔道も編み出した。
メルヴィス アストラシア王室騎士団長に就任。生涯、女王の剣であり続けた。
モアナ 希望どおり○○団の営業を担い続け、多くの縁を結ぶ。
ちなみに、本人は生涯独身だった。
モーリン イクスを追うのはやめたが、あの女好きなら必ずこの城に戻ってくると確信しているためらしい。
ヤード 自分もセンパイのようにカッコ良くなりたいと繰り返し語っているが、バルザムに聞き流されている。
ヤディマ ムーロに手伝わせて畑を拡大。
後に大農場主となるも、畑仕事への愛着が薄れることはなかった。
ユーニス ザフラーの言動に耐え、共に働ける看護師は後々に至るまで彼女以外に現れなかったという。
ユラ 修行に区切りがついたとして帰国。
その後、北辰皇国で内乱があったと噂されるが、彼女の消息は不明。
ヨベル 姉が旅をやめたので彼も心おきなく○○団で活躍中。
団長に近づこうとがんばっている。
ヨミ 復興したサイナスで再び興行し今度は大好評を博す。
その後、次の巡業の地へ旅立った。
ラジム 本人は老境に入る前の引退を望むが村人たちに強く請われ、生涯シトロ村の村長を続けた。
ラティルダ たて続けに2男3女を出産。
大冒険家族の肝っ玉母さんとして世に知られるようになる。
ラバキン グレイリッジに昔のような活気を取り戻そうと必死になっている。空回り気味だが、少しずつ成果も。
ラミン ルギエニクで演奏を強行し、怒ったリジッド族につぶされそうになるがまったく懲りた様子はない。
リウ ○○団の参謀格とスクライブの長というふたつの立場を精力的にこなし続けた。
リュキア ▼ワスタムが仲間になっている場合▼
○○団に留まったが、時おりはるばるサルサビルまでワスタムの料理を食べに行く。

▼ワスタムが仲間になっていない場合▼
よほど水が合ったのか、ダイアルフに直談判してまで○○団に留まる。
ルオ・タウ 族長リウを補佐し、サイナスに移り住んだ一族が他の種族と調和して行けるよう努力した。
ルバイス まるで風来坊のような放浪生活。
しかしたまに戻ってくると誰もが驚くような情報をもたらす。
ルファ 彼女の失踪と共に深き戦慄の書から禍々しい気配が消え、ラロヘンガの怪物も現れなくなったという。
レカレカ 息子の独立を見届けた後、別の隊商を率いていた夫と合流。夫婦水入らずでさらに商売に励む。
レスノウ 夫と共にサイナスの再建と防衛に尽力。後に新生サイナスの守護女神とうたわれる。
レン・リイン ○○城とサイナスを忙しく往復するリウにいつも同行し、何かと世話を焼いた。
ローガン グレイリッジに戻り宿屋を再開。
しかしたびたび仕事を従業員に任せエリンの様子を見に来ている。
ロベルト アストラシア王宮騎士団の一員となるも、本人たっての希望で○○城に出向中。
ワスタム サルサビル王国の王室料理長に。シャムスの親譲りの異常な味覚を矯正すべく四苦八苦している。
ワヒエ 百万世界を往来できなくなった今も回廊に陣取り、若いランブル族の相談相手となっている。